PlatinumGames

BOARD MEMBERS

役員紹介

佐藤賢一
代表取締役社長

1962年 東京都生まれ。
1986年に株式会社伊勢丹に入社後、1996年にゲーム業界に転身。株式会社セガ・エンタープライゼス(現:株式会社セガゲームス)にて、ドリームキャストのマーケティング業務に携わったのち、2000年に株式会社キャビア(現:株式会社マーベラス)の設立メンバーとして招聘され、会社運営全般の業務に携わる。2006年に有限会社ODD(現:プラチナゲームズ株式会社)を設立。取締役/管理本部長として、経営部門全般の責任者を務め、2016年4月代表取締役に就任。


田平 誠悟
取締役/業務推進本部長

1965年 長崎市生まれ。
1988年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現:株式会社セガゲームス)に入社。家庭用事業部門で「セガサターン」「ドリームキャスト」などの事業立ち上げを経験する。2003年に株式会社カプコンに入社。家庭用ゲームソフトのマーケティング、営業などを経て、2006年に有限会社ODD(現:プラチナゲームズ株式会社)を佐藤らと設立した。現在は同社で情報システムなどを担当する。


稲葉 敦志
取締役/開発本部長 チーフクリエイティブオフィサー

1971年 石川県生まれ。
ゲームメーカー数社を経て1998年に株式会社カプコンに入社。『逆転裁判』『鉄騎』『ビューティフルジョー』などのオリジナルタイトルをプロデュース。2004年にカプコンの開発子会社であるクローバースタジオ株式会社の代表取締役に就任し、プロデューサーとして『大神』の制作に携わる。2006年にカプコングループから独立し、現在はプラチナゲームズの全てのゲームタイトル開発を統括している。


神谷 英樹
取締役/チーフゲームデザイナー

1970年 信州 松本市生まれ。
1994年に株式会社カプコンに入社。『バイオハザオード2』で初監督を務め、以降『デビル メイ クライ』『ビューティフルジョー』と新規タイトルを発表。2006年には望郷の念を形にした『大神』を発表し、第10回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で大賞を受賞する。現在はプラチナゲームズ株式会社に所属。『ベヨネッタ』(2009年)、『The Wonderful 101(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン)』(2013年)の制作を経て、2016年に執行役員就任後はプラチナゲームズの全てのゲームタイトルの品質向上に尽力する一方、ゲームデザイナーとして制作現場に立ち続けている。