PlatinumGames

MESSAGE

採用メッセージ

新鮮な驚きと、いつまでも記憶に残り続ける喜びを。

プラチナゲームズは、世界中のユーザーに向けてそのようなゲームを提供するために、日々努力を重ねています。

凄まじい速度で進化し続けるゲーム制作の世界で、ビジュアルと遊びの両面において高品質かつオリジナリティあふれるコンテンツを制作するのはとても大変なことです。しかし、私たちは創立から10年間、常に挑戦者として世界中のゲーム制作者たちと競争をし続けてきました。そして、それはこれから先も変わりません。誰も足を踏み入れたことの無いエンターテインメントの領域に新しい遊びを探しに行くのはとても大変なことですが、それを成し遂げてユーザーに本当に楽しんでもらえた時の充実感は、他の何にも代えがたい喜びです。

そして、そのような競争の激しい場所でこそ、ゲームクリエイターは成長します。最初からトップクリエイターだった人など、どこにもいません。最初は何もできなくても良いのです。ただ、挑戦者として競争の中に入ってゆく情熱さえあれば。

プラチナゲームズでは常に最新の機材やツールを導入し、スタッフがクリエイティビティを最大限に発揮できるような環境を用意しています。これも、皆の成長を最大限にサポートするためです。また、自主性を重んじる社風であり、やる気と力さえあれば経験年数など関係ありません。

高品質なゲームを、世界中のユーザーに楽しんでもらう。
私たちの全ては、そのためにあります。

常に挑戦者として、私たちと共にがむしゃらに頑張る。そんな情熱あふれる人を待っています。

inaba-1200x800

取締役/開発本部長 チーフクリエイティブオフィサー
稲葉 敦志
1971年石川県生まれ。
ゲームメーカー数社を経て1998年 (株)カプコンに入社。2000年よりプロデューサーとしてゲーム制作に携わる。2004年にカプコンの開発子会社であるクローバースタジオ(株)の代表取締役に就任。2006年にカプコングループから独立し、SEEDS(株)を設立。同社が2007年10月に(有)ODDと合併し、プラチナゲームズ(株)へと商号を改めた後は、エグゼクティブプロデューサーとして、プラチナゲームズの全てのゲームタイトルの開発を統括している。